本文へ移動

社長の独り言

「社長の独り言」 ⇒お付き合いください!

RSS(別ウィンドウで開きます) 

屋根屋さんの仕事

2019-07-25
屋根工事は高所で危険な作業です。夏場は特に瓦とかの温度が50度超えることもあり 水分補給しながら 通常の何倍も休憩しなければなりません。体調も常にベストな状態でないとふらつくと危ない。一度 挨拶にとハシゴを上がり切ったが 高所恐怖症だのに 悔んだことがあります。そのことで自分に出来ないことをやってくれてるんだなぁと感謝の気持ちでいっぱいになりました。
この屋根屋さんは機動力抜群で連携プレイが非常に良く助かってます。時々、早すぎるとも言われたりしますが一人で14日かかれば 3人なら5日で終わるのです。早いことはないんです。住みながらの葺き替え工事などは雨を考えれば早い方がいいのです。私もお客様も屋根に上がってチェックすることはできませんから信頼関係しかないんです。長い付き合いでもあるし顔つきで判断することもあります。
鬼瓦のような正直な いい顔してます。雨漏りもしてませんから良い施工してるのでしょう。 長い歴史の中でほんの少しのミスもありますが 対応が実に早い。なかなかできそうでできない。 実に素晴らしいと思う。当たり前ではない。 ダラダラと面倒くさそうに修繕する業者もいます。 このチームは元気が良くバイタリティーがあってすがすがしい。頼み事でも嫌な顔しない。何といってもスタッフが変わらない。 大切に付き合っていこうと思っています。
 去年、台風被害で多くの修繕依頼を受け 当社だけではないだろうと気にしながら 依頼したところ当社を優先的に ”自分でそう思ってるだけかもしれませんが” かなりの早さでこなしていただきました。感謝 感激です。 高所恐怖症の私は屋根だけは勘弁してほしい。大工工事も無理ですが。
 
まさに”あなたあっての私”というより
”あなたなしでは新築が出来ない”という心境です
次回は内装工事編です

あなたあっての私

2019-07-23
家が完成するのはたくさんの職人さん達の手仕事・技術のよるもので この世界に入り”あなたあっての私”という気持ちを忘れたことないです 棟梁はじめ20種ほどの職人軍団がかかわり やっと家が完成します。今回は木造では8割、工事の作業を占めると言われる棟梁のお話をしてみたいと思います。
”棟梁”響きが強情、へんこつ、無愛想 無精ひげ、お酒好き 確かに昔は多かったような気がします。私は そんな個性的な職人さん達が大好きでした。ただし、仕事がキレイで心がキレイな人です。無愛想でも全然構わない。かえって男らしいです。
特にナンバーワンと言われる棟梁と気が合いました。一番になる要因・人柄・歴史に興味がわきました。強情でしたが味があってユーモアがありました。見習いの頃、そばでカンナを削る作業とか見てしびれたものです。そのいぶし銀たち3.4人が80歳前後になりました。長くお付き合いさせていただきましたが現在は第一線から退いてます。お世話になって思い出がいっぱいです。ありがとうございました。
 
このいぶし銀たちから現代の棟梁たちは随分と変化しました。若くて爽やかで元気がいい。愛想が良く 手際良く そして現場が美しい。 マナーもいい 約束は守る。タバコも吸わない。吸う人はコンビニしかないだろう 私が昔、能率の悪い仕事ぶりに首をかしげることを簡単にやってのける。 合理的に効率よく 昔の 仕事さえ良ければいいんだろう という時代と全く異なる。あまり掃除もしなかったもんなぁ  建築に限らず サービス業でもおいしくて 値段も手ごろで 愛想が良くて。 職人も技術良く、材料良く、愛想良く、 金額手ごろで 全ての業種が淘汰されている。生き残るには時代のニーズに従って自分が変わる必要があるのだろう いい方向に変わってる おかげでこんこんと教育することもなく 助かってる。ありがたい仕事ぶりだ 
まさに”あなたあっての私”と感じる今日この頃です
次回は瓦編です

嬉しいような・・・・・

2019-07-15
記事を書かないと何故か催促がある
嬉しいような うれしい デスクに子供の”子供の頃”の写真を何枚も飾っている。
なぜか大人の頃の写真でない。
申し訳ないと思いながら可愛いかった日々が蘇る。お客様の家へメンテナンスで訪問すると私だけだはないとホッとする。
子供はいくつになっても可愛いはず。ところが小さい頃は可愛さの種類が違うのだ。幼稚園の運動会の親子競争で手をググッと握りしめてくる。小学校の運動会で入賞して列の所から必死で父親を捜す。どうだと言わんばかりに   温泉旅行で夜に何度も大浴場に誘われる。決して悪い気はしない。父親の姿が見えないとホテル中、探す。見つかるまい とホールのトイレで咳き込むと”おとうさん!”いい感してるな
 和歌山旅行の一泊目は安い旅館で かび臭い部屋でクーラーの音はせわしなく古い綿壁。共同トイレで子供たちは汗だくで蚊に刺されている。風呂は配管のサビで濁っている。翌朝 みんなで逃げるように二泊目のホテルへ   なんと出迎えに若い美男美女が何人もいるではないか  なんと部屋に入ると人感で照明が点灯  
なんと風呂が本物の温泉ではないか  なんとレストランが英国の宮殿のようではないか  ジーン・・・ 
しあわせ
子供たちの様子はというと 夕食時におかしいこともないのに酒を飲んだみたいにヘラヘラ笑ってる 
わかるのか
サビの風呂の旅館では けたたましい笑い声はなかったもんな  この笑顔が親孝行なんだね
君たち3人もいずれ天使ができれば経験するよ  それより早く、孫の顔を見せておくんなさい

完成間近の新築

2019-07-11
「寺田深谷の新築」完成が近い。プラン作りでああしたい こうしたい というあの時間が好きでワクワクする。誰が住むのかまだ見ぬ人に歓喜の渦を巻き起こそうと笑いが込み上げてくる。その工夫を凝らした家が近々、やっと完成する
どこがいいのか 素材がいい 空気をキレイにする 結露がなくジメジメがなく湿度が一定。足触りがいい 足から温もりが伝わってくる 匂いがいい 木目が目にいい ホールが無駄に広くなくドアを開けて入るとLDKがゆったりとしている 畳も有り難い 洗面所も広くトイレも目立たない場所にある
二階に上がると 杉の匂いが ぷーんとしてきてうれしくなる。廊下の突き当たりにみんなで利用できるウォークインクロゼットがある ベランダもほどほどに広く見晴らしがいい。 近隣との窓の位置も工夫されている。
シューズクロークには靴大収納もあり中断・ハンガー掛けもありゴルフバッグ・乳母車もOK
元々の道路からの階段もキツイため変更してガレージからのアプローチにすると段数も減りゆったり目に
 
この家に欠点は無いのか  ”無い”   8月3日4日 完成内覧会 11時~17時
欠点を探しにお越しくださいませ
 

浜松の画家に会いに行ってきました。

2019-07-10
みなさんご無沙汰です
休みに浜松の画家に会いに行ってきました。そう、社長の独り言の元年6月5日付け”ある画家との出会い編”に登場した画伯 
富野荘在中時に蓼科画廊旅行に誘われ急速に親しくなれた超売れっ子の画伯。
現在、17年前から浜松在中。全国ネットで有名でしたからこの地で多くのファン層を獲得してご活躍もうなずけます。
この度、50年 歴史のあるカフェギャラリーで久々の個展があるという。
数年、お会いしてないこともあり 今年、80歳。行かねば というよりファンの一人として見たい どう変化・進化したのか見たい。そして城陽で出会って30数年、懐かしい とても懐かしい 会いたい
カフェに直接行くと約束するも改札口にご夫婦でいるではないか 少しお痩せになったが私より歩くのも早く以前と変わらず元気。
そして晴れ男の異名をもつ私、今日も晴天 どうだあ 予想通り今日は記念すべきいい日だ
カフェは天然素材をセンスよく使った私好みの内観。展示期間が1人、一か月で年間12人の出品者。生演奏もあるという 美味しいランチ・ドリンクもあり絵画音楽もありで素晴らしいオーナーの演出とその生き方。メインの絵画も予想通り素晴らしく堪能しました。 自宅に招かれる道中、画伯のガイド付き運転で浜名湖沿岸の木立をドライブ。 確か 10数年前にもこの木漏れ日の記憶が。 見たかったアトリエ。 この油の独特な匂い 年季の入ったイーゼル 散りばめた絵具 完成まじかのキャンパス。
30代40代の貴重な作品もあり 数々の受賞歴・作品をファイルにとじ 歴史がよくわかりとても見やすい ここに少し居るだけで
 
画伯”武本はる根”の魅力満載 しかもご本人 解説付き ワクワクの幸せな時間、ありがとうございました。
元気で居てください。楽しく暮らし毎日、笑ってください。またドキドキする あっと驚く絵を描いてください。また優しい言葉をかけてください またその純粋な心に会いに行きます 優秀賞に輝いたその歯並びを見に行きます いつまでもお元気で
 
ご本人と作品とカフェギャラリーとアトリエの私
 
 
有限会社 ライトグリーンホーム
〒610-0121
城陽市寺田北山田31-180
TEL.0774-53-1700
FAX.0774-53-1719
・不動産販売・建売
・新築 リフォーム
・設計 施工

 
TOPへ戻る