本文へ移動

社長の独り言

「社長の独り言」 ⇒お付き合いください!

RSS(別ウィンドウで開きます) 

銀行員の話

2019-06-20
最近、当社に出入りする協力業者が昔と違って若者が多い。我が子と変わらぬ営業マン・銀行員も多い。昔は家を建てるお客様は自分よりかなり年配で50代、60代の方が多かったが今はほとんどが若い世代が住宅を取得する。この背景には住宅資金がそこそこ貯まってローン借入する時代から頭金ゼロでも借入が可能になった原因もある。とは言ってもいくつもの条件を満たさなければ実現しない。銀行によって基準は異なるが銀行次第・・というよりは担当銀行員次第と私は思っている。
決してベテランでもない彼ら若者たちのひたむきな誠意と努力。五分五分かそれ以下か可能性の薄いお客様に対して逃げることなく親身になって情熱を傾ける。動きも機敏で親切丁寧だ。
有り難い その動作は清々しく嬉しくなる。いくつもの案件を成立させてくれた。よもやこの若造がという期待感なしであったから喜び倍増 一つの出来事で回りが同じ幸福感を味わう。互いの感謝 銀行は喜びを与えるいい仕事だ。だが人事異動が早い。
 ”そうか 転勤か” 手を握りしめ哀惜の念に堪えないなんて想像したこともない
とにかく よくやってくれた ありがとう 君たちならどの支店に行っても活躍できる。
何故なら私が褒めるからだ。
いい環境だ いい職場だ いい銀行だ・・・・・京都銀行  中信も

愛想の話

2019-06-19
行きつけのコンビニエンスストアに大そう愛想がいい女性がいる。愛想にも種類と段階があって完璧に近い ただ笑うだけではない ただ頭が低いだけではない。ペコペコしない 笑顔の中に福福しさがあり 感謝の気持ちが伝わる。
良く笑う。人に自信を与える。間違ってもムッとしたり面倒がらない。  ただもんじゃあない ここのオーナーとゴルフに偶然、行くことに。どうも親戚らしい やっぱり  私は勝手に解釈して”息子さん、いい奥さんもらいなすったねぇ”としつこく言った。
オーナーは嬉しそうに笑うばかり 後日、娘さんであることがわかった。息子ではなく婿! 嫁ではなく娘! ぶち褒めちぎりが我が子であったから尚更うれしかったわけです。 気が付けば私の方が愛想が最たるものであったという話。人を喜ばす達人
 
当社の協力業者の男性で毎日 アルプラの食品売り場に買い物に行くらしい なぜ毎日か訳は知りませんが
レジがたくさんあるのに愛想のいい3人に絞ってどんなに並んでいようが他には並ばない。ここに繁栄のヒントがある そうなんだ たかだかお金を払うだけなんだけど笑顔のある愛想のいいところへ行く。 うどんでもラーメンでも食べて味が良かっても愛想が悪いと来るんじゃなかったと後悔する。少々、不味くても愛想のいい所に行く人は多い。こういう社員、奥さんを持つとオーナーも亭主も得だな  ここで問題になるのが 家でも愛想がいいのか 作り笑いなのか 演技なのか タヌキなのか 知るすべもない 
私は以前、無愛想だったらしい。これでは自営業に向かないと愛想笑いするが顔が引きつってるらしい。分かりましたと言っても顔が言ってない。正直らしい 随分と仕事を取られたような気がする。気がするだけだが・・・   いいことにだけ本当のことを言うことにしてる それでいいと思う
 
なんでそんなに愛想がいいのか  聞いてみた。
商売繁盛は愛想が全てです と別の人が言った。
さらに幸せを願うともっといい  
いいことを教えてもらった。だが難しい やはり自分は自分でこの濃い顔をなんとかしたい   
 
 

今日は誕生日

2019-06-16
今日は誕生日だ。
随分と誕生日を迎えてきた。ちょうどいい節目と思って、今日から歩こうとか。禁煙しようとか。週一神社に参ろうとか。絵を描き始めようとか。本を読もうとか。カミさんをほめようとか。変わりたいための誕生日だったような気がする。子供が小さかった頃は手作りの物や手紙をもらったり、子供なりに演出して盛り上ったが、子供たちが遠くに出払った今 とうとう二人きりで誕生日を迎えることに。目標設定しても挫折することに慣れて目標がない。それでも目標は持つべきだ・・・・・・・
日帰り温泉に行こう。遠ければバスや電車で・・・・・・・
懐かしい人に会いに行こう・・・遠くの美術館に行こう・・・
久々にやっぱり絵を描こう
 
朝ひとり。。。食卓について驚いた。揚げたての天ぷら、大好きな豆ごはん。こんな時しか出てこない。そして驚いたのは昔、見たことがあるが・・いくらリクエストしてもメニューになかったわかめのスープ。子どもが小さい頃、栄養満点と良く見かけたあのスープ。誕生日の楽しみが増えた。また一年後か・・・
それも良いだろう。
 
ポストに何度も足を運ぶ。おかしいな??
子どもたちから何かしら来るはず。いや くるとは聞いてない。
が ひょとしたら万が一、奇跡的に、 そうかあ あのメールがそうなのか?そういう時代なんだ。
”父の日”と”誕生日”のダブルだぜ!!
夜の食事も豆ごはんとわかめスープだったらどうしようかな
まっ それもいいか。でるだけましか。
今日という日があと半日ある。

ピュアな人の話

2019-06-15
ピュアな人の話を。
中学時代とか高校時代とか 私はどんなタイプの人と気が合ったんだろうと思い起こすと ふむふむ・・・あることに気が付いた。そうだ。みんな同じタイプだ。人の話を嬉しそうに相槌を打ちながら聞き、やたら自分の意見を強い語気で述べない。聞き上手。いつも笑顔で身体全身に優しさがにじみ出てる。一緒にいて安らぎ、落ち着き。決してハッタリを言うとか人をあざ笑うとかしない。話し手は調子に乗って気分最高で話し込んでしまう。待てよ!一方的だったかなぁ。案外 嫌われてたのかな。もしかして。中学の時に席替えでその子Aとなれず、すねてたら・・誰か替わってくれた。その子Aは嬉しそうに優しい顔して笑ってくれた。それだけで十分やった。恥ずかしいことも考えず夢中だった。
高校の時、仲間数人で仮病を使って早退しようと約束して、各自 頭が痛い・お腹が痛いとかそこそこの演技力で順調だったが、その子Bは先生に頭が痛いというと”そんなわけないやろ”と人蹴り。その子Bだけ来れず。後でいきさつを聞いてみんなで大笑い。なんと容量の悪い、気の小さい奴か。だが私はそんなところが大好きやった。素直従順だが情けない哀愁がある。
 
建売住宅展示場で時々、差入れを持って顔を出してくれるOB客がいます。いつも奥様に感謝して、子供たちが成人していくのを嬉しそうに見守っている。不平不満グチ文句を聞いたことがない。いつも笑っている。その男性Cが来ると何故か住宅購入者が現れる。不思議だ。福をもってくるのかな?必ず来場していただくことにしている。このC氏は定年になって、米作りに励んでいます。水にこだわり、心を込めてじっくり家族の分だけ・・少しおすそ分けしてもらい、あまりの美味しさに絶句。それ以来少し頂いております。
心が洗われます。そんな人間になりたい。
不機嫌はいけない。とにかく明るくて優しくて、優しい笑顔がいい。優しい。優しい。
同じ死ぬなら優しい人とかかわりたい。

ゴルフのお話

2019-06-14
今回はゴルフの事をお話したい。
私はスポーツは特に球技が得意。静止しているボールなんぞ簡単に決まってる。ところが当たらない。当たっても真っ直ぐ飛ばない。3番目の子供誕生記念に平成4年3月から始めました。周りのd同世代は非常に上手。”待ってろよ。すぐ追いつくから”と豪語した。あれから27年。差はちじんだが全く追いつけない。一生やるつもりだから何とかしようと短期レッスンに通い、雑誌の切り抜きして、ファイルしてテレビのワンポイントアドバイスもまめに見る。しかしさほど上達しない。何かおかしい。気が付いた。この言葉を発するのは怖い。むいてない・センスがない。呑み込みが悪い・学習能力がない・意地がない・・・顔が悪い(これは関係ある この際)
先日、一回りも歳が上の70半ばの男性・・・とラウンドしたが同じところからティショットして飛距離で負け。アプローチで負け。スコアで負け。また負けた。どうなってんの?顔は五分五分。頭髪は勝ってるが背が高い。カラオケも上手そう。関係ないが・・・プレー中に鼻の回りが粉で白かったり、腕に注射の痕があったり、パワーの出ること何かやってんの?と冷やかす。もちろん冗談。仲間内でスーパーシングルと言ってる。この世代で高スコアでラウンドする男性を何人も知っている。
若者に走っても、投げても、蹴っても負けるがゴルフでは勝てる。不思議だ。だから楽しいのだと思う。
私が同世代になってスーパーシングルになれるか?
保証はないが目標は持てる。あやかりたい。諦めず夢は持とう。
(有)ライトグリーンホーム 
 Instagram right.green
〒610-0121
城陽市寺田北山田31-180
 TEL.0774-53-1700
 FAX.0774-53-1719
・不動産販売・建売
・新築 リフォーム
・設計 施工

 
TOPへ戻る