本文へ移動

社長の独り言

「社長の独り言」 ⇒お付き合いください!

RSS(別ウィンドウで開きます) 

古家屋根工事の依頼

2020-03-09
以前、宇治市の水害被害でその改修工事のお仕事をさせていただいた女性の 弟さんから娘の家の屋根を見てほしいと依頼がありました。お約束の場所に出向き近所の娘さんの家に同行しました。娘さん家族もおられて対面するのですが初対面なのになんか懐かしい感じがするのです。流れる空気・雰囲気がいいのです。あるのですね 波動が合うというか 2歳足らずの男の子が別れしなにバイバイして 驚くことにハイタッチ握手してくれるのです。私は俄然、気を良くしてつい、必ずや 見積もりはお安く頑張りますと言ってしまいました。2歳足らずで立派に営業できるなんて 凄いと皆で大笑いしました。
屋根屋さん この忙しいさなかに翌日、都合をつけて屋根の寸法取りになりました。この日は娘さん家族は不在で替わりにお母さんが待機しておられました。印象は気さくで明るく談笑がとてもお好きな方で時間が過ぎるのがあっという間でした。いいご両親には健やかに子供が育ちいいご主人に巡り合うんだなと感心しました。そしてかわいいお子さん・・この家族には楽しい幸せな未来しか想像できません。何とか希望に添えたいと業者に協力を呼びかけ見積もりを提出しました。金額なども喜んでいただけました。
2~3年前の台風地震で屋根屋さん 大変な時期にいまだに続いてるようですが何とかこの月中には工事に入れると嬉しい返答を得ました。これは感謝しかありません いい家が建つのは各職人さん達のおかげと常々、思っております。あなたたち無しでは生きられないと冗談みたいなホントのことをよく口走ります。

芝が原新築の大詰め

2020-03-07
いよいよ大工工事も終盤を迎え 左官外部塗り工事も本日で予定終了。これでトユ掛けも足場解体も手配できます。
圧巻は足場を取り除いた時の外観全景を見た時の感動!洒落てカッコイイと 思わず”おおっ”と自己満足。これがたまらなくいい この感動はあと10日後になるが それまでクロス工事・珪藻土壁・タイル工事とギュッと凝縮されます。一気に内外装がこの短期間に変貌を遂げます。
仕事冥利に尽きる。どの現場もこの時期になると情が移るのか住みたい感情に駆られる。造り手がそう思うのだから成功と言えよう。また自己満足。だがまだ完成してない。あの麻入り珪藻土にどんな表情があるのか あのアクセントクロスはメリハリがつくのか あのトップライトからやさしい光が差し込むのか 石目調のエコカラットはリビングに程よく際立つのか 寝室の一面にこだわりの大工泣かせの造作は吉とでるか どこに置いても差し支えない円形テーブルは空間にまろやかさをかもしだすのか 少し変形したベランダは採光と通風が確保できるのか あ~ワクワクしてきた。”住宅づくり”なんと面白いんだろう またどんな家族に住んでいただけるんだろうか  愛情のこもったこの家に。
 
完成内覧会:4月18日(土)・19日(日)

芝が原新築

2020-02-04
この数か月、宇治小倉駅の東方向と西方向に新築工事をして、12月と1月に引き渡しました。 やっと地元に帰ってきました。
地元は工事現場の近隣に必ず知り合いがいます。いなくてもすぐ親しくなります。挨拶の決まり文句が“オフィスも自宅も地元です”知り合いがたくさんいて子供3人がこの小学校・この中学校に通いました。地域活性化を目指しております・・と言います
そしてて大まかな工事日程を太い字で分かりやすく書き ポストインします。上棟2週間前の工程は内容を細かく入れ 騒音の種類も明記します。締めくくりのキャッチフレーズが”ひたすら地元志向の工務店です”これだけやって注意されたら仕方ないと諦めます。終盤に短期工程をポストインして 完成してお礼の挨拶に伺うこともあります。 状況によっては施主様の挨拶回り前に”ご安心ください いい夫婦 いい家族です”とアピールします。みなさん、ほっとします。
 
当社が着工し始めると偶然か他社も3社ほどかかりだし激戦区になった。思わず もっと内装を凝ろうかなと思ったりもします。大丈夫、見せ場はいくつもあります。当社にしかできない材質・空間・デザイン・・・哲学。 4月上旬のオープンハウス 乞うご期待ください
 
内装スケッチを描きましたのでご覧ください

最近の動向

2020-02-03
1月に今までで一番、若いお客様の新築を引き渡しました。私のカラーには珍しいガルバリウムの外観でモスグリーン色。 一部クロ サッシもブラック。軒先・軒裏もブラック。なんと暗かあと思いきや渋くてメリハリがあってカッコイイんです。内部のフロアーは木目のダークグレー、建具はダークブラウン、壁天井はホワイト。これも高級マンション風で粋なんです。2階は私のアドバイスも受け入れられ床天井はムク杉板。
壁は斬新なアクセントクロスで他は白。圧巻はドアが白・ダークグレーとテレコに色違い。これがハイカラでおかしくないのです。私の言うとおりにしてたら”ひょっとして”俗っぽくなってたかもです。新鮮な空気を味わった感じです。ハラハラドキドキで楽しかったです。職人さんにも大うけ。
 
珍しく建替えの依頼が続き、かち合わないようにバランスをとる。年代は60代・70代・80代 先ほどの若者と違ってこの年代を感動させるのは創意工夫と念押しと根気と愛情がいる。非常にやりがいがあってどうしたら アッと 驚くかワクワクしてくる。エアコンの要らない床暖の暖かさ・気密断熱の高い高性能複層サッシ・消臭浄化作用のある天然素材・収納力の充実したクローゼット。地震と災害に強い家
ワンポイントでご報告いたします。
 
若者の斬新なコーディネイトです(外観・内観)

倉庫の片付

2020-02-02
今年の目標の一つに倉庫の片付がある あることがきっかけで1月の後半から何かにとりつかれたみたいに整理している。
建替えのお客様から荷物をいくらか預かってほしいとお願い事があった。お願い事は俄然、張り切ることにしてる。軽トラに2台はあると読んだ。スチール製の6畳ほどの物置、足の踏み場がなくごった返してる。いつかやろうと25年間分の在庫。出しては入れの繰り返し。
素晴らしい材料・品物がたくさんある。25年も使わなかったなら今後も使うはずがない。出しては当時の思い出がよぎり また しまう。いかん、これだはいかん、勇気を出して捨てる。 いいこと思いついた。日曜大工の好きな人達はムクの端材とか欲しいはず。処分では無く無料でオフィスガレージに並べよう。一気にやるのはしんどい。1か月目標にコツコツと並べていこう。本日は初日。年配の男性、女性、ご夫婦と来るではないか 自転車のカゴに入れたり小脇に抱えたり ためになってるようで いい気分 よ~し
ところで片付いた倉庫の印象はというと スッキリ・キレイでうとり 簡易ベッド持ち込んで寝ようかと思うほどに
方向性は決まった。現代に通ずる物は残し 値打ものであっても使う可能性のない物は男らしく引揚げガレージに無料放出する。これで捨てられる運命にあった”端材たち”は人のために生かされることになる
(有)ライトグリーンホーム 
 Instagram right.green
〒610-0121
城陽市寺田北山田31-180
TEL.0774-53-1700
FAX.0774-53-1719
・不動産販売・建売
・新築 リフォーム
 ・設計 施工

 
TOPへ戻る