本文へ移動

社長の独り言

初めての独り言・・・意外に続いてます・・・

RSS(別ウィンドウで開きます) 

完成間近の新築

2019-07-11
「寺田深谷の新築」完成が近い。プラン作りでああしたい こうしたい というあの時間が好きでワクワクする。誰が住むのかまだ見ぬ人に歓喜の渦を巻き起こそうと笑いが込み上げてくる。その工夫を凝らした家が近々、やっと完成する
どこがいいのか 素材がいい 空気をキレイにする 結露がなくジメジメがなく湿度が一定。足触りがいい 足から温もりが伝わってくる 匂いがいい 木目が目にいい ホールが無駄に広くなくドアを開けて入るとLDKがゆったりとしている 畳も有り難い 洗面所も広くトイレも目立たない場所にある
二階に上がると 杉の匂いが ぷーんとしてきてうれしくなる。廊下の突き当たりにみんなで利用できるウォークインクロゼットがある ベランダもほどほどに広く見晴らしがいい。 近隣との窓の位置も工夫されている。
シューズクロークには靴大収納もあり中断・ハンガー掛けもありゴルフバッグ・乳母車もOK
元々の道路からの階段もキツイため変更してガレージからのアプローチにすると段数も減りゆったり目に
 
この家に欠点は無いのか  ”無い”   8月3日4日 完成内覧会 12時~17時
欠点を探しにお越しくださいませ
 

浜松の画家に会いに行ってきました。

2019-07-10
みなさんご無沙汰です
休みに浜松の画家に会いに行ってきました。そう、社長の独り言の元年6月5日付け”ある画家との出会い編”に登場した画伯 
富野荘在中時に蓼科画廊旅行に誘われ急速に親しくなれた超売れっ子の画伯。
現在、17年前から浜松在中。全国ネットで有名でしたからこの地で多くのファン層を獲得してご活躍もうなずけます。
この度、50年 歴史のあるカフェギャラリーで久々の個展があるという。
数年、お会いしてないこともあり 今年、80歳。行かねば というよりファンの一人として見たい どう変化・進化したのか見たい。そして城陽で出会って30数年、懐かしい とても懐かしい 会いたい
カフェに直接行くと約束するも改札口にご夫婦でいるではないか 少しお痩せになったが私より歩くのも早く以前と変わらず元気。
そして晴れ男の異名をもつ私、今日も晴天 どうだあ 予想通り今日は記念すべきいい日だ
カフェは天然素材をセンスよく使った私好みの内観。展示期間が1人、一か月で年間12人の出品者。生演奏もあるという 美味しいランチ・ドリンクもあり絵画音楽もありで素晴らしいオーナーの演出とその生き方。メインの絵画も予想通り素晴らしく堪能しました。 自宅に招かれる道中、画伯のガイド付き運転で浜名湖沿岸の木立をドライブ。 確か 10数年前にもこの木漏れ日の記憶が。 見たかったアトリエ。 この油の独特な匂い 年季の入ったイーゼル 散りばめた絵具 完成まじかのキャンパス。
30代40代の貴重な作品もあり 数々の受賞歴・作品をファイルにとじ 歴史がよくわかりとても見やすい ここに少し居るだけで
 
画伯”武本はる根”の魅力満載 しかもご本人 解説付き ワクワクの幸せな時間、ありがとうございました。
元気で居てください。楽しく暮らし毎日、笑ってください。またドキドキする あっと驚く絵を描いてください。また優しい言葉をかけてください またその純粋な心に会いに行きます 優秀賞に輝いたその歯並びを見に行きます いつまでもお元気で
 
ご本人と作品とカフェギャラリーとアトリエの私
 
 

伊勢田遊田の家

2019-06-30
何日ぶりの独り事です。
私の工事テリトリーは校区から出ない信条でしたが物件不足と好条件と相まって小倉駅から13分ほどの古家付土地を購入することにしました。 東南角地で閑静な住宅地。 西小倉小学校と中学校がすぐ近くで駅からもさほど遠くない。
例のごとく少し物語が始まりますが実はこの家、私が20代後半 まだ建築の道 発展途上の時期にお世話になった家、家族です。
メーカー下請時代の棟梁で何故か気が合いました。とにかく真っ白いきれいな歯で豪快に笑う。笑顔の素敵な人でした。
食事にもよく招かれましたが毎日こんなご馳走なのというほど手が込んでました。主食にご飯でなくトウモロコシが並んで驚きました。昼食も時々、滋賀県の美しい景色を眺めながら弁当を食べました。棟梁のおかずはなんと ステーキ。またしてもトウモロコシ。当然ステーキを何個か頂きました。至福の時でした。この方ともめた記憶がありません。出身が同じ岡山で棟梁の郷里、高梁で帰省の折 立寄り 川で獲れる鮎を頂き 目の前の高梁川で泳いだのを覚えております。その時もトウモロコシのような歯並びの良い顔で笑ってました。私の自営独立のはなむけに増築の依頼を受けました。共に汗を流し毎日、通いました.多分トウモロコシを沢山 頂いたと思います。ご夫婦、朝からよくケンカしてました。奥様は弁が立つから口では勝てません。棟梁は腹が立ちよく道具を放ってました。
笑うイメージしかなかったが鬼の形相してました。毎日、朝からケンカして夕方にはケロッとしてました。腹に持たないとはこのことか 良く疲れないなあと思いました。血液型 聞くの忘れてました。私は真似できない ですがケンケの不機嫌さを私に向けたことはありませんからすごいです。
その工事の33年前のファイルが出てきて懐かしくなって連絡してみたところ空家になってるということで購入に至ったわけです。
 
懐かしい思い出の地です。すんなり間取りができ 建ててしまおうと思っております。 縁があります。
 古家解体を7月中から 上棟を8月下旬に計画してます。どんな仕様、空間にするかどんな天使が現れるか ドキドキします。 事務所から10分少し 近い現場です。
 
 
私の孫ではありません。

絵を描くことに

2019-06-25
仕事の依頼ではなく絵の依頼がありました 夜にDVDを見る生活から一変しそうです
依頼者は甥っ子です。経緯を説明します 甥はお腹にいる時に父親が急死して父親を知りません。生まれた時に父親がいないなんて信じがたくてかわいそうで仕方なかったです。幼児の頃、よく泣いている姿を見て一層、悲しかったことを覚えています。
私には甥と姪が8人もいますがこの子に特別、目をかけていたのは父親がいないことだけではなく天真爛漫でよく笑いよくしゃべり些細なことでもすごく喜ぶ。幼稚園でありながら おばさんの作った手料理にこんな美味しい料理は生まれて初めてだとか おもちゃを買ってあげると言うと おじさんは学生だから要らないとか子供に思えない泣かせることを言うんですよ
アパート暮らしの時、入浴中だからこっそり帰りかけると浴室から 帰ったらあかん と泣き叫んでて ウッときました。帰省してあの子に会うのが楽しみでした。実家の横でしたから尚更、なつきました。でも他の甥や姪も可愛くいつも数人、連れて歩くことはざらでした。丸坊主が似合う子も珍しく顔もコンパスで丸く描くほどで遠~くからでも一目瞭然で可愛かったです。
親の苦労を見て育ったせいか非行にも走らず引きこもりにもならず立派な男になりました。今は40代後半で男盛りです。
その子が”桔梗の花”を描いてほしいと 二十歳のころ町で見かけて惚れて種を買って育てるが失敗して何故かこの花が気になるらしい。しばらくして親父の墓参りに行ったら墓石の傍らに桔梗が咲いているではないか 親父が桔梗が好きで母親が植えたらしい
なんか因縁めいたもんがあるではないか
私の得意とする紫陽花を超える絵を また私の絵画人生の傑作にしてほしいと言われて引き受けることにした
お盆を目途に完成させたい。ちょうどそろそろ描かねばと思っていたからちょうどいい
OBお客様には絵はがきで送りたいと思います。
 
天真爛漫の福福しい顔です

つらい時

2019-06-24
他社で建築中だのに完成内覧会で根掘り葉掘り質問する来場者
木材の端材を無料放出して夜中にドカンと無くなってる時
安く速く良い材料でしかも愛想良く願う施主
直したつもりのメンテがよもやの時  ムクテーブルの期待外れの時
いい流れできて最後にお断りしますと言われた時
仕事中 カミさんに暇そうやねと何度も言われる時
 
ゴルフと棟上げの時の雨  バンカーで多たたきして仲間の気の毒そうな顔を見た時
高齢者ドライバーが横断する時 向こう見てこちらを見ない時
知り合いの画伯が絵が売れなくて困って電話がかかてくる時
高校卓球日本一だった友人が脳梗塞で会話がしづらくなった時
倉敷の亡き母に京都がええんか 悲しそうに言われた時
思わぬ臨時収入が入ってその日に同額 思わぬ出費した時
急いでるにもかかわらずいつもの道が通行止めの時
 
つらい内容はこれぐらいにしとこう
 
有限会社 ライトグリーンホーム
〒610-0121
京都府城陽市寺田北山田31-180
TEL.0774-53-1700
FAX.0774-53-1719
1.不動産販売
2.新築・リフォーム
3.設計・施工
 
TOPへ戻る